きれいにやせる方法と秘訣TOP > 絶対にやせる方法とは? > 下半身が痩せる方法とは?

下半身が痩せるためのポイント

下半身が痩せることは、きれいにやせるためには欠かせません。

いくら上半身が細くてスリムであっても、下に行くほど「でっぷり」と肉がついていたのでは、美しいプロポーションとはいえませんよね?

そこで、いかにして下半身が痩せるのか?ということです。その前に、なぜ女性は下半身に贅肉がつく「下半身太り」になりやすいのでしょうか?それがわかれば、下半身が痩せる方法も自ずと分かるはずです。

女性には、妊娠や育児という、男性にはない特質があります。その関係上、下半身に贅肉がつきやすい体質なのです。つまり胎児を育成するために、内臓脂肪に蓄積しづらくなっており、また骨盤が男性よりも広くなっています。

男性は妊娠することがありませんから、内臓脂肪はつき放題です。でも女性は、妊娠にそなえて、お腹の内部は空けておかなければなりません。そうなると本来、内臓脂肪につくべき脂肪が、体の表面についてしまうわけですね。これは、下半身が痩せる方法のヒントとなります。

内臓脂肪の役割としては、エネルギーを一時的に蓄えておく、一時保管所となっています。つまりエネルギーが必要になったら、まずはここから取り出されるのです。そして余分なエネルギーが食事から入ってきたら、小腸から染み出して、腸間膜に溜まっていくわけですね。

でも女性には、こういった内臓脂肪がたまりづらいので、お腹周りの皮下脂肪で代用しなければなりません。その結果、ウエスト、下っ腹、ヒップ、太ももといった、どちらかというと下半身が肥満してくるのです。

どうして肩とか背中とかではなく、下半身のほうに脂肪がつくかというと、重力の関係もありますが、下のほうが小腸から近いからです。また、たくさん蓄えられるからです。女性は、胎児や乳幼児に栄養を与えるために、男性以上に脂肪を蓄えておく必要があります。自分の分だけではいけないわけです。

下半身に脂肪があったほうが、すぐに小腸から再吸収できます。そういったことから女性は、下半身太りになりやすいのです。こういったところに、下半身が痩せるヒントは、ちりばめられています。

そのほか女性が下半身太りになりやすい原因として、骨盤の開きがあります。女性はもともと、胎児を育てるスペースを作る関係上、骨盤が広くなっています。女性らしいヒップになるわけですね。

でもそうなると、骨盤と大腿骨の接合部が、より外側に広がることになり、O脚になりがちに。その結果、ますます大腿骨が骨盤を外側に引っぱり、広げてしまうという悪循環になってしまいます。こうして内臓下垂が起こり、代謝が悪くなってしまいます。

骨盤のずれや開きによって、内臓下垂になってエネルギー代謝が滞ると、下半身に脂肪がため込まれたものの、それを引き出せないという状況に陥ります。男性の場合は、腸間膜に内臓脂肪がつくので、そのようなことはありません。つきやすいかわりに、小腸の毛細血管がすぐそばにあるので、引き出しやすくなっています。

でも女性の場合は、内臓脂肪の代わりにお腹周辺と下半身に皮下脂肪がつきます。そのため、骨盤がずれて血行不良になることで、それをうまく脂肪に分解したり燃焼できなくなってしまうと考えられるのです。

そこで下半身が痩せる方法ですが、骨盤を矯正したり、とくに腹部や下半身に筋肉をつけることによって、解消できます。

足が太くなるからといってスクワットをしないのは、もったいないです。足には全身の筋肉の80%がついているのです。つまり、太ももの筋肉を鍛えるだけで、基礎代謝も大幅にアップできるということですね。スクワットでもいいし、エアロバイクを一生懸命に漕ぐのでも良いと思います。

下半身が痩せる方法は、このように、「どうして女性は下半身太りになりやすいのか?」を考えると、自ずと答えが導き出されてきます。